タイムスタンプは、様々な用途で利用されています。

  • ※1e-文書法の一部省令では、(一財)日本データ通信協会が創設した「タイムビジネス信頼・安心認定制度」の認定を取得したタイムスタンプサービスの利用が義務付けられています。

知的財産とタイムスタンプ

特許申請しなかったノウハウや、受託開発や共同開発で発生したアイディアなどを、他社が権利化しようとしたり、特許化されてしまった場合の対抗手段としてタイムスタンプが利用されています。

知的財産とタイムスタンプの詳細はこちら

電子帳簿保存とタイムスタンプ

国税関係帳簿書類を「電磁的記録」で保存するためには、「紙」の保存と同等の真実性及び可視性が確保されなければなりません。
このために電子帳簿保存法には、電磁的記録の保存を行うための様々な要件が定められており、特に国税関係帳簿書類のスキャナ保存、電子取引においては、タイムスタンプの付与が要件になっています。

電子帳簿保存とタイムスタンプの詳細はこちら

医療電子カルテとタイムスタンプ

紙の医療カルテをスキャナで電子保存する場合や、電子カルテシステムで作成したカルテに対して、電子署名とタイムスタンプを付与することによって院内の透明性を確保したり、第三者機関による記録の真正性の確保の手段として利用されています。

医療電子カルテとタイムスタンプの詳細はこちら
PAGE TOP