アマノタイムスタンプサービスでは、アプリケーションソフト(e-timing EVIDENCE 3161 for Acrobat、e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Auto)または開発用ライブラリ(e-timing EVIDENCE 3161 PDF Lib-W、e-timing EVIDENCE 3161 PDF Lib-J)を組み込んだ一部システムを使うことにより、PDF文書ファイルに対して確定日時の埋め込みと、埋め込まれた日時および文書データの真正性を検証する事ができます。

生成(埋め込み)

Adobe Acrobat 上でのマウス操作、もしくは、PDFファイルに対して自動的にタイムスタンプを埋め込む事が可能です。
また、丸型と横長の2つの形状のタイムスタンプ印影が選択できます。(印影を表示しない設定も可能です)

検証

以下のいずれかの方法でタイムスタンプを検証することができます。

  • タイムスタンプをクリックする
  • タイムスタンプ上で右クリックし、表示されたメニューから[署名を検証]を選択する
  • [署名パネル]で、検証したい署名を選択し、右クリックのメニューから[署名を検証]を選択する
  • [ツール]をクリックすると表示されるツールセンターで[e-timing EVIDENCE]を選択し、[e-timing EVIDENCE]のツールバーにある[タイムスタンプ検証]を選択する
>>タイムスタンプ検証ツールはこちらから無料でダウンロードできます。

印影イメージ

アマノタイムスタンプサービス

  • ▼編集・改ざんなし
  • ▼編集検知
  • ▼改ざん検知

旧サービス(アマノデジタルタイムスタンプサービス)

  • ▼編集・改ざんなし
  • ▼編集・改ざん検知

タイムスタンプをマウスクリックすると、タイムスタンプの印影そのものの真正性と、PDF文書の真正性の検証を行い、ダイアログに結果を表示します。また、検証結果は印影にも一時的に反映されます。

検証ダイアログイメージ

アマノタイムスタンプサービス3161

▼編集・改ざんなし(確定日時と真正性が証明されている状態)
▼編集検知
▼改ざん検知

旧サービス(アマノデジタルタイムスタンプサービス)

▼編集・改ざんなし(確定日時と真正性が証明されている状態)
▼編集・改ざん検知
PAGE TOP